便秘になる原因はさまざまなことが考えられ、便秘の種類によってはほかの病気のことも考えられます。
便秘のひとつの原因には腸内環境の悪化が考えられています。
悪玉菌の増加で水分不足になって排便がスムーズにいかない場合や、ストレスを受けて腸のぜん動運動などが鈍っている場合があります。

便秘が起きる原因には何があるでしょうか?

便秘にはさまざまな種類がありますが、その原因についてもさまざまな原因や症状もあります。便秘対策をするには、きちんと便秘の原因を知ることが大切です。

便秘の原因

・食物繊維の不足

便秘の原因においては、食物繊維の摂取量が終戦直後と比較して半分以下までに減少したことです。

食物繊維不足で引き起こされる便秘は、日本人にもっとも多い、「弛緩性便秘」です。

弛緩性便秘は腸内で水分が失われることで、硬くコロコロとした便になり、お腹が張ってガスが溜まりやすいお腹になります。

・運動不足による便秘

通常は運動をすることで腸の働きも活発になり、自律神経を整えて排便がスムーズになってきます。

運動不足により引き起こされる便秘はおもに弛緩性便秘があります。

運動不足になると腹筋が衰えることで、腸のぜん動運動を促進できないことが便秘になる原因になっています。

つまり、便秘を予防するには運動により腹筋を鍛えることがとても大切になってきます。

・ストレスによる便秘

ストレスを感じることで、大腸が痙攣して排便に支障が出る痙攣性便秘があります。便秘では過敏性腸症候群など心身の病気としてあげられるものがあります。

ストレスは交感神経を優位にして、副交感神経の働きを低下させ、ストレスを受けている状態が長いと、大腸のぜん動運動が鈍ってきます。

反対に、ぜん動運動が過度になって強くなってくると痙攣を起こしてしまいます。痙攣性便秘になると便秘と下痢とを交互に起こしてしまいます。

ストレスに由来する代表的なものが、痙攣性便秘でストレス性便秘の場合、便秘薬や下剤ではより悪化させてしまう可能性があります。

・腸内環境が悪化した場合の便秘

便秘のひとつの原因である腸内環境の悪化では、便秘の基本的な原因を探ることが必要です。

腸内環境が乱れるのは、腸内で悪玉菌が優勢となってしまっている場合です。すると腸の働きが鈍り、便秘の原因となります。

・水分不足による便秘

便の水分が失われることで、便秘になりやすく排便の困難の原因になります。水分不足が原因の場合の便秘は弛緩性便秘です。

水分不足の原因は、さまざまな原因があります。ひとつはダイエットの影響を受けている場合で、食事を制限することで食事に含まれる水分の量も減らしています。

これは食事を減らした分、水分摂取量を意識して摂ることが大切です。

また、体のむくみを気にしている人は、水分補給が少なめです。むくみや水太りを気にしている人でも、大量に水分を摂り過ぎなければ便秘の心配もないといえます。

水分補給では高齢者に言えることとして水分を補給していなくても、「喉の渇きを感じない」といったことになりがちです。

この場合には、「定期的に水分を補給する」といったことが便秘を防ぐ解決法です。

便秘が起こる病気や症状について

便秘が原因で起きる病気は多いです。たかが「便秘」と軽視しているとさまざまな病気や症状へと発展しがちです。

便秘の原因は生活習慣や食生活です。運動不足の場合もあれば、ストレスなどが原因でなることもあります。反対に便秘が原因で起こる病気や症状もあります。

便秘が原因で起こる病気・症状

・大腸がん

日本人に増加傾向にある病気が直腸がんと結腸がんです。長期間の便秘が原因となっている場合が多いです食生活などの欧米化が原因といわれています。

・大腸ポリープ

大腸がんは大腸の腸壁にできたイボ状の腫瘍の総称です。良性のものから悪性のものまであります。

・腸閉塞(レイウス)

緒閉塞は何らかの原因で腸がふさがってしまうものです。別名レイウスといわれ、さまざまな症状を引き起こす病気です。腸の内容物が通らなくなる病気です。

・動脈硬化

動脈がさまざまな理由によって弾力性が失われ、硬くなったり、厚くなったり、さまざまな物質が沈着することで、血管の通り道が狭くなることです。

その結果として心臓や脳などへ十分な血液が行き届かなるなる病気です。

・腹痛

腹痛は大腸内の空気やガスが行き場を失うことで、周囲を圧迫して腹痛を起こすことです。

便が長時間大腸に留まったことが原因です。

・痔

直腸や肛門周辺部の静脈がうっ血して出血や痛みを伴います。痔核といわれるいぼ痔が便秘が大きな原因だといわれます。

・臭いがキツくなる

便秘になると腸内には腐敗した便などの毒素が溜まります。これらの毒素は血管を通して体中に流れてます。その結果、体臭や口臭、オナラの臭いがきつくなるといわれます。

・肌あれ

便秘になると、腸内には腐敗した便で毒素が溜まります。毒素は血液を通して皮膚から排泄されます。そのため、肌荒れや吹き出物として症状が出ます。

・アレルギー症状

悪玉菌によって腸内環境が乱れてくると、腸壁から吸収された有害物質は血管から全身に流れていきます。すると、自律神経が乱れてアレルギー症状として現れます。

・疲労、倦怠感、不眠症、無気力

便秘が慢性化することでストレスも溜まりやすいです。症状として疲労感、倦怠感、不眠症、無気力などの症状が出ます。

過敏性腸症候群とは?

便秘の中でもおもにストレスが要因となって便秘や下痢を繰り返す病気です。おもな症状として腹痛や腹部の不快感などがあります。

過敏性腸症候群は、緊張やストレスが大きく関係しているといわれています。過敏性腸症候群の場合、以下のような症状がみられます。

過敏性腸症候群の症状

・試験、会議など大切な場所で、緊張してしまいお腹の調子が悪くなる。

・通勤、通学時などバスや電車の中などで急にお腹が痛くなることがある。トイレに駆け込みたい。

・出張や旅行先でお腹が痛くなり、トイレを探すことが多い。

過敏性腸症候群の特徴は「検査をしても異常が認められない」といったことで、腹痛や腹部膨満感などの症状や、下痢や便秘などの症状が慢性的に繰り返される症状があります。

診断基準では、6か月以上前から症状があることで、腹部症状も1か月で3日以上繰りかえされることです。

以下のうち2項目以上がある場合、過敏性腸症候群の疑いがあります。

・排便すると症状が改善する。
・症状が出ている場合は、排便の頻度が変化する。
・症状が出ている場合は、便の形状が変化する。

過敏性腸症候群は、腸内の働きや分泌物に異常が起こる病気で、ガス型、便秘型、分泌型、混合型などに分類されます。

カイテキオリゴには腸内環境改善を促進する効果があって、過敏性腸症候群を改善するのにおすすめできます。