オリゴ糖は腸内の善玉菌を増やすはたらきをしてくれます。
そのときに酸をつくるので、酸に苦手な悪玉菌を減らす働きがあります。
同時に、酸を少しでも薄めようとし、水分の働きも生じるので、腸のぜん動運動がとても活発になり、便秘解消やダイエット、病気予防に役立ちます。

善玉菌を増やしてくれるオリゴ糖とは?

オリゴ糖は便秘解消に効果を表す働きがあるとされていますが、ほんとうなのでしょうか?

オリゴ糖は腸内で善玉菌を増やす働きをするといわれています。腸内の細菌のバランスを改善してお腹の調子を整えてくれるのです。

オリゴ糖の特徴は、小腸では消化、吸収されないので、大腸まで届き善玉菌のビフィズス菌に働きかけます。
善玉菌を増やしたり、活性化するのに効果がみられます。

オリゴ糖がビフィズス菌のエサになることで、乳酸や酢酸を作り出して、それらが腸を刺激してぜん動運動が活発になるのです。

腸内を酸性にすることで悪玉菌の増殖を防ぐ役割があります。

オリゴ糖は人間の消化酵素では分解できません。しかし、ビフィズス菌はオリゴ糖を分解するための酵素を持っています。

よく知られているところのオリゴ糖は、母乳の中に含まれているオリゴ糖です。赤ちゃんのお腹の中のビフィズス菌を増やし、免疫力を高め病原菌から守る働きをします。

オリゴ糖の効果をまとめてみると、

・腸の蠕動運動を促す
・便秘解消(宿便を解消する)
・免疫力を強化する
・病気を予防する
・免疫異常を改善して花粉症やアレルギー性皮膚炎などアレルギー症状を抑える
・肌荒れ、ニキビ、吹き出物など肌のトラブルを改善
・うつ症状を抑え、心の健康を保つ
・腹部膨満感を改善する
・おならの臭いや便を改善する効果

以上がオリゴ糖の効果です。

オリゴ糖の働きでもっとも重要な働きとは?

オリゴ糖を摂ることで、腸内では善玉菌が増えていきます。なぜなら、オリゴ糖が大腸まで届き、腸内細菌のエサになるからです。

そのときには、悪玉菌や強い方の味方になる日和見菌などのエサにもなります。

しかし、このときにオリゴ糖は善玉菌のエサになり、乳酸、酢酸などの酸を出すことでほとんどの悪玉菌は酸に弱く負けてしまいます。

悪玉菌が弱くなると善玉菌が元気に働き出します。

また、オリゴ糖の働きで2番目に重要なことは、善玉菌が出す酸の働きです。オリゴ糖が便秘に有効だといわれるのは、善玉菌が出す酸の働きからです。

つまり、通常、中性となっている大腸の環境は、一刻も早く酸を体外へと出そうとします。

その働きが、「ぜん動運動」で、腸の内容物を送り出すための運動が活発になります。

また、酸を少しでも薄める働きが生じて、大腸内の水分量が増えていきます。

この水分により、内容物がスムーズに運ばれ、かさましできて、排便のための環境が整うのです。

オリゴ糖が体にもたらす健康効果と、オリゴ糖を含む食材について

オリゴ糖による便秘解消ができると体にはさらに健康効果がたくさん見込めます。

・便秘解消効果

オリゴ糖を食べることで、便秘解消効果があります。しかし、オリゴ糖は食べ過ぎることで下痢を起こしてしまうこともあります。

・ダイエット効果

便秘が解消されるようになると、体は必要な栄養素だけを吸収するようになります。余分な栄養素は対外へと排泄されるので、ダイエット効果が期待できます。

・美肌やアトピー改善効果

便秘が改善されてくると、不要物がすばやく体外に排出されてきます。そのため、不要物、中でも毒素をすばやく排泄できるので、美肌効果が期待できます。アトピーなども同様に改善効果が期待できます。

・血糖値への影響について

オリゴ糖は甘味を持っていますが、難消化性のオリゴ糖は消化、吸収できません。血糖値に変化を起こしたり、インスリン濃度にも影響を与えることはありません。

・生活習慣病を予防する働き

生活習慣病は便秘などで余分な栄養素まで吸収してしまうことが原因で起きてきます。しかし、オリゴ糖を食べることで腸のぜん動運動が活発になり、腸内の食べもの通過時間が短縮されてきます。

そのため、必要な栄養素以外は吸収されなくなります。つまり、コレステロールやブドウ糖などの吸収を抑えることができます。

必要な栄養素だけ吸収されるようになると、高血圧や動脈硬化、心臓病、脳梗塞、肥満などを防ぐ効果も高くなります。

・免疫力が向上する

腸内細菌の善玉菌のビフィズス菌は、免疫力を高める働きがあるといわれています。健康でいるためには、常に免疫力を高めておくことが大切です。

オリゴ糖を摂ることで、ビフィズス菌を増やすことにつながり、免疫力を助けているといえます。

オリゴ糖を自然の食品から摂取するとなると、自然の食品にはわずかしか含まれていませんので、摂り方もとても大変になってきます。

しかし、飲み物やヨーグルトなどに入れて摂れるカイテキオリゴであれば、スプーン1杯で毎日の習慣を変えることが可能です。

カイテキオリゴの原材料は北海道の甜菜(サトウダイコン・ビート)を純度の高い状態で天然抽出した、ラフィノースという天然素材のオリゴ糖の1種です。

大腸に直接届くことで、ビフズス菌を効率よく増殖させてくれます。甘味を補うためのショ糖は小腸で早く吸収され、血液に吸収されやすく、美容やダイエットを意識している人にはよい働きがあり、おすすめです。