妊娠中の便秘でお悩みの方にはおすすめです

妊娠中には様々な身体の変化があり、特にお腹を中心として張った状態が続いたり、また消化にも影響をおよぼし便秘などにもなりやすい状態になります。
カイテキオリゴはそのような状態の場合でもおすすめされているもので、オリゴ糖を効率よく摂取することで腸内の悪玉菌を退治する役割をもつ善玉菌に餌を与えることとなり、結果として善玉菌の働きが促進され、便秘の原因のひとつとされている悪玉菌を便とともに排出する効果を期待できます。

妊娠中はなぜ便秘になりやすいのか?

妊娠中に便秘になりやすい原因として、まずホルモンバランスが崩れやすい、あるいは崩れるという点が挙げられます。 ホルモンバランスが崩れると、新陳代謝などに影響をおよぼし、特に腸内環境がうまく機能しないようになります。腸内環境が悪化すると、悪玉菌が許容範囲を超えるかたちで増殖し、腸の機能を低下させます。そのため体外排出がうまくいかなくなり、それが便秘というかたちの症状であらわれることになります。

それに加えて、つわりによる嘔吐で脱水症状になりやすい環境となっており、それによって慢性的な水分不足や、胎児が大きくなってきたときには腸の圧迫という影響もあり、便秘の症状はさらに悪化するケースが多いとされています。 
腸の圧迫は胎児が成長している証であるため仕方ありませんが、水分不足は便秘に直接的に影響するもので、腸の中で便が固まりやすい環境をつくりだしてしまうため、妊娠中は水分補給を意識して生活することが大切になります。

カイテキオリゴの原材料は妊婦でも安全です

妊娠中に便秘で悩む人は多く、ホルモンバランスや水分不足などが影響して便が排出されにくい体質となり、結果として健康を害してしまうケースが多いとされています。
そのような状態を改善できるカイテキオリゴは、オリゴ糖のもつ作用によって便秘を緩和あるいは解消できるものとして注目されており、また人気となっています。

カイテキオリゴが人気の理由として、商品の安全性という点が挙げられます。 原材料はサトウダイコンから抽出した純度100パーセントのオリゴ糖でできているため、いわゆる不純物の入っているサプリメントや、妊娠中に適さない薬とは違い身体やお腹の中の胎児に影響をおよぼすことが無いという特徴があります。
あくまで、体内に良い効果を与えるための食品として位置づけられているため、製造過程で不純物が一切入っていないということが強みであり魅力となっています。その安全性から、安心して便秘を解消することができるということで評価されています。

ヨーグルトにカイテキオリゴを入れると効果倍増

純度100パーセントのオリゴ糖の効果によって便秘を改善あるいは解消することができ、不純物が一切入っておらずまた薬でもないため胎児や利用者にも悪影響がない安全性があるカイテキオリゴは、ヨーグルトに入れて摂取することでさらに効果を発揮するようになります。

腸内環境を良好にさせる善玉菌の餌になるオリゴ糖と、ヨーグルトの中に入っている乳酸菌やビフィズス菌を同時に摂取することで、効果を高く保つことができるとされています。乳酸菌は善玉菌の一種で、腸内に入る前に多くが消化されてしまうという特徴をもちますが、オリゴ糖と一緒に摂取することで腸内まで届く量が増え、また同時期に菌がオリゴ糖を餌として食べ活発化するため、腸内環境をより早く改善することが可能となります。
また、粉末状のカイテキオリゴをそのまま摂取するのは難しく、そのための解決策としても美味しく食べることができるということで同時に摂取するという人は多いとされています。