便秘解消をしたいと思ったら、まずはお腹に良い物を摂取する事がお勧めです。

例えば食物繊維とかヨーグルトとか、後は今注目されているのがオリゴ糖でしょう。

オリゴ糖は腸内の善玉菌の餌となる物なので、効率的に摂取できるとお腹の環境を良くする働きが期待出来ます。

中でも注目されているオリゴ糖製品の一つがカイテキオリゴで、余計なものが入っていないので、大人は勿論の事お子さんでも摂取できるものとなっています。

なぜ、ヨーグルトと一緒に摂ると良いのか?

また、便秘解消等の目的でオリゴ糖を摂取する場合、カイテキオリゴだけで摂取しても良いのですが、他の物と一緒に摂取する事もお勧めです。

例えばその一つがヨーグルトです。

ヨーグルトには整腸作用等もあり、実際に摂取する事によってお腹の調子を整えます。

ただその場合ビフィズス菌等は腸内に届いたとしても、そこに栄養が無ければ増殖する事は出来ません。

そんな時に一緒にカイテキオリゴを摂取していれば、腸内環境を整える為に必要な細菌と一緒にその餌となる物も摂取できる様になるため、より効率的にお腹の調子を整える事に繋がります。

ヨーグルトを食べるタイミング

また、ヨーグルトは薬ではないのでどのタイミングで食べても良いのですが、その人によってより効果を感じやすいタイミングと言うのもあります。

その一つが夜です。

便秘解消の目的の場合は、出来るだけ大腸の働きを良くする事を考えて動く必要があります。

大腸の働きが活発になるのは副交感神経が盛んになる22時から翌日の2時位までです。

だから、夕食後とかに食べて、夜オリゴ糖と乳酸菌が大腸で働く様にしましょう。

ヨーグルトの1日の摂取量は?

また基本的にヨーグルトは1日に200g程度摂取する事がお勧めです。

とは言っても、それだけ沢山摂取するのは難しいと言う人も居るのではないでしょうか。

確かにそれだけで食べる場合は200g食べる方がお腹にも良い効果が出ると言う事は研究結果でも分かっていますが、そこにオリゴ糖をプラスすれば、より乳酸菌が働きやすくなる為、それよりも少ない量でも便秘解消に効果が期待しやすくなります。

甘味を足す事が出来るのでより食べやすくするだけでなく、乳酸菌の餌となるオリゴ糖も一緒に摂取できます。

もちろんその2つ以外にも体に良い物をミックスして一緒に食べても良いでしょう。

例えば黄粉とか黒ゴマとか、後はバナナとかを一緒に混ぜて食べて味のバリエーションを変化させるのもお勧めの方法です。

もちろんその時の甘味料は砂糖ではなくカイテキオリゴにする事がお勧めです。