甘い糖分でありながらも非常にヘルシーで、ダイエット効果が抜群の糖分「オリゴ糖」というものがあります。
オリゴ糖は腸内環境に特に有効な成分で、腸内の善玉菌の一つ、ビフィズス菌の栄養になる成分で、悪玉菌の抑制効果がある成分です。

いくつかの種類があり、カルシウムの吸収を強化するフラクトオリゴ糖や、たんぱく質の吸収を強化して、母乳などにも含まれるガラクトオリゴ糖などが有名ですが、最近注目され始めているものに「アガロオリゴ糖」というものがあります。
これはガンにも効く呼ばれているほど、優れたオリゴ糖です。

ここで、そのアガロオリゴ糖について、詳しくまとめて行きます。
自宅で作る方法まで、詳しくご紹介いたしますので、是非試してみてください。

アガロオリゴ糖とは

アガロオリゴ糖」のアガロとは、スペルでAgarと書き、英語で寒天という意味があります。
つまり、寒天を原材料にして作るオリゴ糖なのです。

日本でも馴染みの深い寒天ですが、アガロオリゴ糖は寒天を食べたとき、勇んで分解されたときに少量だけ生まれるという、貴重な存在です。
これが、体の健康に絶大な効果があるオリゴ糖だと、判明してきたのです。

アガロオリゴ糖の持つ効果

アガロオリゴ糖は、ほかのオリゴ糖にはない良い効果がたくさんあります。

例えば抗炎症作用です。
普通の抗炎症作用で、活性酸素の生成を抑える働きがあります。
活性酸素がお肌に与えるダメージは、おそらくご存知の通りです。

体内に侵入したウイルスを殺菌する役割がメインですが、増えすぎることで必要な健康な細胞までを攻撃=酸化させ、多大なダメージとなり、老化につながるという、あの活性酸素です。
オリゴ糖が、抗炎症作用を持っているのです。

そしてもう一つが、ガンの抑制効果です。
ご存知の方も多いと思いますが、寒天にはがんの抑制効果があるとされていました。
実は、その原因こそこのアガロオリゴ糖にあるということが最近分かったことです。
アガロオリゴ糖を構成するアガロースという物質がガン細胞を自滅させ、ガン細胞の増加を防ぐという研究結果が日本ガン学会で発表されました。

ほかにも、紫外線や乾燥によって増加する、コラーゲンを破壊する「MMP-1」という酵素の減少効果もあります
もちろん、オリゴ糖本来の性質である、消化吸収がされにくいという性質から、腸を保護する働きもあります。
善玉菌のえさとなって、悪玉菌の働きを抑えます。
さらには糖尿病予防の働きもあり、オリゴ糖の中でも群を抜いた健康効果があるのです。

しかし、その事実はまだあまり知られておらず、実際に薬局などでもほとんど見かけないはずです。
現在でこそ、関節痛や骨粗しょう症に効果がある成分と合わせたサプリを、宝酒造などが発売しています。
宝酒造はアガロースに抗がん効果があると最初に発見したメーカーでもあります。

そして、このアガロオリゴ糖は、寒天に果物の産を加えて加熱すると、自宅でも簡単に作り出せる成分です。

アガロオリゴ糖を自宅で作る

オリゴ糖を自宅で作るといっても、寒天を煮込むだけです。
具体的にレシピをご紹介すると

水 400ミリリットル
寒天は粉末寒天の場合で4グラム、棒寒天や糸寒天の場合は8グラム
果物はレモンやシークワーサーといった酸味の強い果汁で、大匙2から3杯
砂糖をお好みで大匙1、2ほど(砂糖がないと味的に若干食べづらいかと思います)

以上です。
作り方は単純明快で、これらの材料をすべて鍋に入れて混ぜます。
固まらないようによくかき混ぜながら、強火で加熱します。沸騰した状態からさらに3分加熱します。
それを清潔な容器に入れて、冷やして固めます。

寒天というのは、酸と一緒に煮ると覚めても固まらなくなります。
寒天の繊維が酸によってバラバラに分断されて、アガロオリゴ糖ができます。

見た感じはゼリー作りに失敗したような感じですが、それこそがアガロオリゴ糖ができている証拠です。

果汁の種類、量、加熱時間などは目分量で大丈夫です。
沸騰からの加熱時間が長いほど、固まらずにとろとろとした状態になります。
また、加熱時間が長くなっても成分が変化することはありませんので、焦げにだけ気を付けてじっくり加熱するのもおすすめです。

そして、完成した固まらない寒天は、きれいな容器に移して冷蔵庫に入れて冷やしてください。
傷みやすいので、3日以内に食べきるようにしてください。

以上、アガロオリゴ糖についてまとめて行きました。
最近注目され始めた成分ですので、もしかしたらこれから様々なタイプの健康食品、サプリメントが発売されるかもしれません。
様々な成分が組み合ったそれらの食品も良いですが、自宅に純粋なアガロオリゴ糖だけをとる、というのもおすすめです。

自宅で作れるガン予防成分ですので、ご家族でとるのもいいと思います。
本当にお手軽に作成、摂取できますので、是非一度試してみてはいかがでしょうか。