オリゴ糖入りの商品がたくさんあると思いますが、実はオリゴ糖にはいくつかの種類があります。
どれも体に良いことは間違いないですが、作用と働きには若干差がありますので、ここで有名なものをメインにご紹介していきます。
ダイエットに有効なものはもちろん、健康に良いものもたくさんありますよ。

オリゴ糖とは

オリゴ糖とは糖質の一種で、糖質には単糖類と多糖類、そしてオリゴ糖類の3つがあります。
オリゴ糖は明確な定義は決められていませんが、およそ単糖が2個から数十個ほどつながったものを指し、それ以上になると多糖類とされることが多いです。

ダイエットに効果的とされるオリゴ糖は大体、単糖が2個のものです。
オリゴとはギリシャ語で「少ない」という意味があり、直訳して少糖類という呼ばれ方をすることもあります。

オリゴ糖の種類は具体的には20種類ほどあり、中でもダイエットに役立つのが胃酸などで溶けずに大腸まで直接届くものです。
大腸にあるビフィズス菌などの大きなえさになり、善玉菌を大きく助けることに役立ちます。
ダイエットに効くサプリや健康食品に含まれるオリゴ糖は、大体のものが善玉菌のえさになるオリゴ糖です。

オリゴ糖の種類

胃腸などで消化されにくいオリゴ糖を、難消化性オリゴ糖と言います。
具体名を上げると、「フラクトオリゴ糖」「イソマルトオリゴ糖」「ガラクトオリゴ糖」「大豆オリゴ糖」などがあります。
これを順にご紹介していきます。

フラクトオリゴ糖

フラクトオリゴ糖の主な原料は「ショ糖」と呼ばれる糖分です。
ビフィズス菌の増殖を促して腸内環境を整える作用があるほか、糖分でありながらも虫歯になりにくいという性質を持ちます。
このことから、低カロリーの甘味料として最適で、用いられている食品も数多くあります。
近年ではフラクトオリゴ糖が免疫機能の向上に役立つという研究も進み、さらにはアスパラガスやニンニクといった野菜にも含まれていることが判明しました。

イソマルトオリゴ糖

グルコースという、ブドウ糖が3個から7個つながって構成されている糖分のうち、分岐構造を持つものがイソマルトオリゴ糖と呼ばれます。
腸内環境を整える働きはもちろん、ほかのオリゴ糖よりも熱や酸に強く、防腐作用があるため保存食などに最適で、はちみつやみそなどに含まれています。

ガラクトオリゴ糖

乳製品などに主に含まれるガラクトースという糖分が主成分の糖分で、胃酸などに消化されにくく、低カロリーでオリゴ糖の代表的な存在のものです。
ビフィズス菌増殖を促す働きや、たんぱく質の消化吸収を促して便秘や下痢の改善といった腸内環境に絶大な働きがあり、母乳や牛乳にも含まれるほど、体に優しいオリゴ糖です。

大豆オリゴ糖

文字通り大豆に含まれるオリゴ糖で、大豆に含まれるオリゴ糖を総称してこのように呼ばれます。
イソマルトオリゴ糖のように熱や酸に強く、ほかのオリゴ糖よりも少量で、善玉菌を増やせる作用があります。

これらのオリゴ糖は食品に添加されているものや、食品を作る過程で自然と生まれるものなど、たくさんあります。
しかし、すべてに共通しているのが、大腸までたくさん届きやすいため、とり過ぎるとおなかを壊す可能性があることです。
摂取する場合はきちんと注意書きなどを読んで、少量から始めるのがおすすめです。

オリゴ糖を効果的にとる方法

オリゴ糖は特に腸内環境に役立つ糖分ですが、その分一緒に取るとより効果を上げる食品もいくつかありますので、ここでご紹介していきます。
まずおすすめしたいのが、やはりビフィズス菌や乳酸菌など、善玉菌を直接増やすものと同時に取る、というものです。

ヨーグルトや乳酸菌飲料はもちろん、納豆や漬物など発酵食品にも大量に含まれており、これらと一緒に取ることでより効果が倍増します。
例えば加糖されていないプレーンのヨーグルトに、お好みの種類のオリゴ糖をかけて食べる、というだけでも、非常にシンプルですが効果は絶大です。

そして次が、オリゴ糖を多く含む食品を食べるということです。
オリゴ糖が多く含まれる食品は野菜など、オリゴ糖以外にも様々な健康成分が含まれていますので、それを食べることでまとめて摂取することができ、とてもお手軽です。

オリゴ糖をとるときは、少量から

繰り返しになりますが、オリゴ糖をとるときは必ず少量から初めてください。
大量に摂取するとおなかを壊す可能性があることはもちろん、それ以外にも健康へ悪い影響が出る可能性がありますので、どんな種類のものをとるにしても、必ず少量からとるようにしましょう。

まとめ

オリゴ糖は乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌のえさになります。
腸内環境を整える働きがありますが、そのほかにも様々な面で健康に役立ちます。
ただ、いくら低カロリーと言っても糖分ですので、とり過ぎると結局ダイエットが無意味になります。
ヘルシーではありますが、とり過ぎないように十分注意してください。